So-net無料ブログ作成
東野圭吾ミステリーズ 感想 ブログトップ
前の3件 | -

東野圭吾ミステリーズ 二十年目の約束 感想 [東野圭吾ミステリーズ 感想]

東野圭吾ミステリーズ 二十年目の約束 久しぶりの主演を務めた篠原涼子さん。ママになっても、きれいでしたね~。田辺誠一さんもかっこよかった。私的にはチームナックスの音尾くんが出演していたのがうれしかったです。今回はキャストがよかったですね。ストーリーは、前半がほとんど端折られていましたが。

約束の重みがあまり伝わってきませんでしたね。
原作とドラマの一番の違いは主人公亜沙子と照彦との関係ですね。

原作では二人は結婚しています。しかし、なかなか子供を作ろうとしない亜沙子は疑問を抱くわけです。
浮気をしているのでは?と。

しかし、ドラマでは二人は結婚していません。約束すらしていない。
だから、子どもを持たなくても不思議ではないんですよね。

亜沙子の病気が見つかって、子どもが産めなくなるかもしれないということをしった照彦が、
将来を真剣に考えるため、二十年前に交わした約束について考え直すというストーリーでしたが、
亜沙子の葛藤や疑問、照彦が女の子をどうにかしてしまったのでは?
と一つずつ明らかになる真実へのアプローチが、いまいち。

この東野圭吾ミステリーズが始まってからずっと抱いてきましたが、1時間で作品を再現するのは限界なんでしょうか。残念です。


最終話は、私の一番好きな話再生魔術の女。
しかもキャストは鈴木京香。こわいですよー。ミステリーですよー。
楽しみです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

東野圭吾ミステリーズ 感想 結婚報告 [東野圭吾ミステリーズ 感想]

東野圭吾ミステリーズ 第9話は 結婚報告でした。広末涼子ちゃんがメインキャスト。友人からの謎の手紙と写真に隠された真実。ストーリーは、原作とほぼ同じでした。見ていて安心する作品でした。原作からあまりに離れすぎると東野圭吾さん、また怒っちゃいますから(笑)



短大時代の友人、典子からの手紙。結婚報告の文に同封されていた一枚の写真。
幸せそうなカップル。でも、その女性は典子ではありませんでした。

誰が何のために送った写真なのか・・・
智美(広末涼子)は、典子を訪ねますが留守。

旦那さんに連絡を取るも、なんだか様子が変・・・典子はいないというし。
何か隠していると思っているところに、呼び出しのメール。

待ち合わせ場所の公園に行くと誰もいない。探していると、がけから突き落とされてあわや転落。
旦那さんに殺されかけた!!

警察は、旦那さんを事情聴取します。
そのころ、典子は東京に。智美に会いたいという伝言。

生きていたことに安堵する智美。次の日、二人は再会。
そして、写真の女性が旦那の元カノ女であることが判明。

そのことでけんかになって家を飛び出たのです。
しかし、写真は出していないという。

写真の謎は残るけど、典子も無事だしあとは夫婦の問題だからということで、半ば追い出されるようにしてさることになった智美。

ぼんやり歩いているところを車に引かれそうに!
それを助けてくれたのは典子の隣人の桜井という教師でした。

いい人だと思っていたら・・・実は彼が智美を突き落した犯人でした。
そして、旦那の元カノで行方不明になっていた秋代を殺害していたのです。

動機は、蝶の標本欲しさ。秋代を殺害したのは、妻だと勘違いしたからです。
確かに、テーブルにツーショットの写真が置いてあれば、間違えるのもうなずける。

結婚報告の手紙を出したのも、秋代が次の日まで生きていたと思わせるため。
そして、最後は、智美ら3人を殺したと見せかけるためでした。

間一髪犯人を撃退した智美ら。
よかったですね。

それにしても、東野圭吾ミステリーズには、前回の小さな故意の物語といい変な教師がよく出てきます。
わざと?

東野圭吾ミステリーズもあと2話で完結。
次は篠原涼子が登場です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

東野圭吾ミステリーズ 感想 小さな故意の物語 [東野圭吾ミステリーズ 感想]

東野圭吾ミステリーズ 8話は小さな故意の物語 8月30日に放送されました。感想はというと・・・三浦春馬くん、かっこいいけど高校生には無理がありますね。22歳ですからね~。原作の犯人のいない殺人の夜の1番目。
恋=故意をかけている話。女性のしたたかさに恐怖を感じるストーリーでもありました。


ただ、ドラマでは原作より「故意」の意味が薄れていた気がします。
刑法においては、故意=「罪を犯す意思」とされているほど重みのある言葉です。

犯人の洋子は、恋人である達也を故意に殺害する計画をした。
自分の手を汚さずに。実行したのは、達也のことを好きだった笠井という女子高生。

鏡に反射した光を見せるための
「あれ、何かな」

という言葉は、殺人に等しいとおもうのですが・・・

ドラマでは、洋子は達也に呼び出されて屋上に行ったところ、
笠井が光を当てたのでそれを見せた。

それが1年後に判明したというのも、あいまい。

残念でした。最後まで見ましたが、原作通りに進めてほしいと思ったのは私だけでしょうか。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の3件 | - 東野圭吾ミステリーズ 感想 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。