So-net無料ブログ作成
検索選択

東野圭吾ミステリーズ 感想 小さな故意の物語 [東野圭吾ミステリーズ 感想]

東野圭吾ミステリーズ 8話は小さな故意の物語 8月30日に放送されました。感想はというと・・・三浦春馬くん、かっこいいけど高校生には無理がありますね。22歳ですからね~。原作の犯人のいない殺人の夜の1番目。
恋=故意をかけている話。女性のしたたかさに恐怖を感じるストーリーでもありました。


ただ、ドラマでは原作より「故意」の意味が薄れていた気がします。
刑法においては、故意=「罪を犯す意思」とされているほど重みのある言葉です。

犯人の洋子は、恋人である達也を故意に殺害する計画をした。
自分の手を汚さずに。実行したのは、達也のことを好きだった笠井という女子高生。

鏡に反射した光を見せるための
「あれ、何かな」

という言葉は、殺人に等しいとおもうのですが・・・

ドラマでは、洋子は達也に呼び出されて屋上に行ったところ、
笠井が光を当てたのでそれを見せた。

それが1年後に判明したというのも、あいまい。

残念でした。最後まで見ましたが、原作通りに進めてほしいと思ったのは私だけでしょうか。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。