So-net無料ブログ作成

東野圭吾ミステリーズ 長澤まさみお色気ショット [東野圭吾ミステリーズ 感想]

ロンドンオリンピックのため、1週間空いての放送 東野圭吾ミステリーズ 短編集よりドラマ化された6番目の話は、シャレードがいっぱい。メインキャストは長澤まさみ。お色気満載でした。あとアクションシーンもこなしていて、都市伝説の月子を思い出させました。



シャレードがいっぱいは、東野圭吾のあの頃の誰かに収録されていた話。
シャレード=謎解きがちりばめられたストーリー。大方のあらすじは原作と同じでしたが、
かなりはしょられていたような。

まぁ、1時間の中で再現しなければなりませんからしかたありませんね。

「A」とかかれたダイイングメッセージが意味するものがなんなのか。
そして、中沢興産の社長が残した遺書はどこにいったのか・・・

これは、アルファベットではなく「仝」=同じの書きかけだったわけです。
社長の二人の子供プラス隠し子に遺産を等分するという意味で書いてあったものを、
清美が線を一本かきたして、「全」として、遺産をすべて自分のものにしようとしたのでした。


ドラマの中で、書道教室のお手本が「安全」だったりと、
伏線がうまくはられていてよかったです。

元カノであるやよいに顔を思い出してもらえないかわいそうな彼氏役は、
なんと・・・

妻夫木聡でした(笑)

別れ話をされて、泣き笑いしていました。
彼女のために海の近くに店を構えるためにお金が欲しかった・・・

なのに殺されてしまってかわいそうなひとでした。
最後に顔を思い出してもらってよかったよかった。

東野圭吾ミステリーズ6話シャレードがいっぱいの感想でした。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。